FC2ブログ

【小説】ココロの居場所 13

朝は柚葉の部屋に立ち寄ってお弁当を交換し、帰りにまた立ち寄って、空の弁当箱を交換する。
それがいつの間にか当たり前になり、日常の一部となる。

週末は母に美春を頼み、クルマで柚葉を病院へ連れて行く。
柚葉のカウンセリングが終わった後、僕は橘医師に柚葉の状態の経過と、注意事項と、今後の方針を聞く。

「柚葉さんの状態はあまり変わりません。シェルターに入るまでの期間に大きく変わる事は無いと思います」
「ただ……、柚葉さんの、手塚さんに対する依存が増しているように感じられます。今後、さらに強い感情を投げつけられるかも知れません」
橘医師は、僕に同意を求めるようにそこで言葉を切った。
「以前にもお話ししたと思いますが、依存は柚葉さんの病気に伴って発生しているものです。本物の恋愛感情ではありませんから、流されずに適切な距離感を保ってください」
「分かりました」
「仮に、抱いて欲しいと言われても、決して受け入れないで下さい。何とか上手い言い訳をして、やんわりはぐらかして下さい。柚葉さんの為を思うなら、くれぐれもお願いします」

「さすがにそれは大丈夫だと思います」
橘医師は僕の言葉が信用できなかったようだ。
「手塚さんは……柚葉さんを他の誰かと重ねていませんか?」

「……どうしてそう思われます?」

「柚葉さんを預かる事を決意された時の手塚さんの豹変ぶりは、少し異常でした。柚葉さんを、柚葉さんとして見ていないようでした」

異常……か。

僕は「彼女」の話をかいつまんで橘医師に話した。
「柚葉さんが、昔の恋人では無いことは理解されているとは思いますが、適切な距離を取って下さい」
「気を付けるようにします」
「以前も少しお話ししましたが、柚葉さんの為になりませんし、手塚さんが辛い思いをするだけです」
「……はい」

「ところで」
橘医師が突然話題を変える。
「奥さんは何と?」
「あぁ……。何も話してません。どうせほとんど家にいませんから」


柚葉の部屋に戻る道すがら、柚葉との距離を考える。
柚葉を預かって2週間が過ぎた。
なんだか側にいることがあたりまえのように感じ始めている。
でも、僕は一時的に柚葉を保護しているだけで、それ以上でも、それ以下でも無い。
それ以上の関係を望んでいるわけでもない。

適切な距離感がイマイチ分からない。

クルマを近くのコインパーキングに止め、柚葉のマンションのエントランスに入ろうしたら、後ろから女の子の声がした。
「柚葉!」
振り向くと、柚葉と同じくらいの年頃の女の子で。
柚葉は明らかに緊張して、身を硬くしている。
「どうしたの? 最近全然学校来ないし、電話は出ないし。っていうか、この人誰?」

「友達?」
柚葉に尋ねると、黙って頷く。
「ごめんね。事情があって、しばらく学校には行けないんだ」
僕はそう言って見たものの、柚葉の友人は明らかに信用していない。
顔にそう書いてある。

柚葉は僕の腕を離し、友人の側に行った。
途切れ途切れになりながらも、懸命に何か話している。
見ていて痛々しい。
呼吸も荒くなってきて、また過呼吸を起こしそうだ。

僕は柚葉に近づいて、背中をポンポンとゆっくり叩き始めた。
柚葉はしばらくは頑張って友人に説明していたが、耐えきれなくなったらしく、僕にしがみついて来た。

「ごめんね、今日はもう帰ってもらえるかな」
「あと、柚葉さんがここにいる事は、誰にも話さないで。特に彼女の両親に知られるとまずい。心配なら警察に行ってもかまわないから、それだけは頼むよ」
僕は柚葉の友人にそう声を掛けて、柚葉を促してマンションのエントランスに入った。

「大丈夫?」
「はい……、大丈夫です。ごめんなさい」

僕は柚葉の頭を軽くポンポンと叩いて、話を終わらせた。

柚葉の友達が、僕の言葉を信用するとはとても思えない。
僕が逆の立場だったら、絶対信用なんかしない。
事件に巻き込まれたか、騙されてると思うだろう。



【小説】ココロの居場所 はじめに
【小説】ココロの居場所 0
【小説】ココロの居場所 1
【小説】ココロの居場所 2
【小説】ココロの居場所 3
【小説】ココロの居場所 4
【小説】ココロの居場所 5
【小説】ココロの居場所 6
【小説】ココロの居場所 7
【小説】ココロの居場所 8
【小説】ココロの居場所 9
【小説】ココロの居場所 10
【小説】ココロの居場所 11
【小説】ココロの居場所 12

この物語はフィクションです。
登場する人物、団体、組織等、すべて架空の物です。
投稿単語に制限がある為、単語に半角スペースが入っている事があります。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

そろそろ忙しくなってきそう。^^;
過去のトラウマも現在が充実していれば忘れることができてたかもしれなかったですね。

Re: No title

きにちみさん
フフフ
盛り上がって来たと思わせて、いきなり打ち切りみたいな肩透かしを目論んでますw

No title

こんにちは。

シェルターとして代用出来そうなマップがなかったからかな。。。
10話目以降から画像がなくなってますよw

Re: No title

AQUARIAさん

良い部屋が無かったんですよw
ワンルームMODでもあれば良かったんですが。
今はリリース速度優先なので、尚更画像無しになっちゃいました。
プロフィール

Nocky

Author:Nocky
ILLUSIONのゲーム"プレイクラブ"、"ハニーセレクト"、"プレイホーム"のSSと、キャラに着せる洋服をメインに扱っています。
登場するモデルは全て成人です。

Counter
PV(2016.11.24-)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
DAZ Studio
プレイホーム2
プレイホーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる