FC2ブログ

【小説】ココロの居場所 21 (最終話) + あとがき

母に美春を頼もうと携帯に電話をしたら、すでに僕の自宅にいて。
「最後なんだから泊まってあげなさい」
という母の一言で、全部片付いてしまい。
何もかも、全部お見通しか。

柚葉の手料理を食べるのも、今日が最後だ。
母に料理を教わり、レパートリーも随分増えたようだった。
味付けは、なんだか母に似てきたみたいで、僕には懐かしい味だった。

いつもの通りだった。
いつもの通り、ゆっくり、穏やかに時間が過ぎて行く。

いつもと違ったのは、僕がいるときに柚葉がシャワーを浴びた事だ。
柚葉の後にシャワーを浴びて出てきたら、柚葉は既にベッドの中にいて。
こりゃ、何も着てないなと思って布団をまくったら案の定で。

僕は柚葉の隣に滑り込んだ。

でも、何もしない。

柚葉を抱きたい。
ひとつになりたい。
でも、もし、柚葉を抱いたら、僕は柚葉から離れられなくなる。
それは、結局、柚葉を不幸にする。
だから、僕は何もしない。

柚葉が僕の上に乗ってきて、僕にキスをした。

「エッチしないんですか?」
柚葉が僕を誘う。

「エッチしたら浮気になっちゃう」
「キスはしましたよ」
「キスは……ギリギリセーフ。多分……」

「手塚さんの中で、浮気の定義は?」
「エッチしたら浮気かな」

「私の中ではね、浮気には二種類あって……一つは身体の浮気」
「うん」

「もう一つは心の浮気……」
「そして心の浮気は、浮気じゃなくて……」

「本気って事」

「僕は本気って事だね……」
また、柚葉がキスをしてきて、僕は柚葉を抱きしめた。
柚葉の肌はスベスベで、肌に触れる感触が心地よかった。
僕の身体に押し付けられた胸も、思っていたより大きかった。

でも、そんな事はどうでも良かった。
僕は柚葉の側にいて、柚葉は僕の側にいる。
それが僕にとっては、大切な事だった。

「手塚さん」
「ん?」
「私は生きます。手塚さんが、死んだらダメだって言ったから、私は生きます」
「消えたくなったら、手塚さんの事を思い出します」
「うん……」

「だから、手塚さんも、いろんな事、諦めないでください……」
「うん……」

僕は目を閉じた。
涙が出そうだったから。

「私の事、好きだって言ってくれた事、ずっと忘れません……」



目が覚めたら、もう深夜で、柚葉は僕の腕枕で眠っていた。
穏やかな寝顔だった。

せめて、今夜だけでも、ぐっすり眠れると良いね。

僕は飽きもせず、柚葉の寝顔を眺めていた。
柚葉が眼を覚ますまで、ずっと眺めていた。
柚葉は悪夢にうなされる事もなく、明け方まで一度も目を覚まさなかった。



柚葉の作った朝食を食べた後、柚葉の荷物をカバンに詰めた。
荷物と言っても、僕が柚葉に買ってあげた着替えと、制服くらいしかない。

柚葉を連れてマンションを出る。
母が僕の車を出して、外で待っていた。
後部座席には、美春もいた。

僕の運転で、病院へ向かう。
誰も、何も喋らない。
多分、僕には僕の、母には母の、柚葉には柚葉の想いがあるのだろう。
何か口にした途端に止まらなくなって、想いを全て吐き出してしまいそうだ。
だから、何も話せなかった。

予約時間ちょうどに病室の前に着いたら、すぐに病室に呼ばれた。
そこには既に弁護士らしき男性と、シェルターの職員らしき女性が待っていた。

橘医師が弁護士を僕に紹介し、名刺をもらった。
ただ、それだけ。
手続きも何も無い。
本当に何も無い。
ただ、柚葉を引き渡すだけの儀式。

元々僕は、柚葉とは赤の他人で、法的に何か権利や義務があるわけじゃ無い。
だから、手続きなんか何も無い。

橘医師が皆を促し、柚葉はシェルターの職員と、弁護士に付き添われて病室を出る。
僕は母と美春と共に、柚葉を見送るために、後に続く。

病院の玄関の前にはタクシーが既に待っており、弁護士が僕達に会釈をして先に乗り込んだ。
柚葉はシェルターの職員に付き添われて、タクシーに乗り込みかけて止まり、僕の方を見た。

「手塚さん……」
「うん……」
「ありがとうございました……」
「うん……。元気で……」
「手塚さんも……」

「お母さん……」
「なんだい……」
「ありがとうございました……」
母はハンカチを目頭に押し当てながら、うんうんと頷いた。

「手塚さん!」
柚葉が叫んだ。
「私、依存なんか起こしてませんから!」
柚葉は泣きそうな顔で微笑んだ。
最初で最後の、柚葉の笑顔。

柚葉がタクシーに乗り込み、シェルターの職員が続く。
ドアが閉まって、タクシーが走り出した。
タクシーはあっけないほどすぐに見えなくなってしまい、僕達は取り残されたように、その場に立っていた。
酷くあっさりと終わってしまった。
なんだか狐につままれたような、あまりにもあっさりした幕切れだった。

でも、多分……。
僕は後で泣くのだろう。
あの、幸せな時間は、もう来ないのだから。

「パパ?」
美春が僕のジャケットの袖を掴んで揺すっている。
「人助けおわった?」
「おばあちゃんが、パパは人助けでいそがしいって言ってた」

僕は美春を抱き上げた。
「うん、終わったよ」
「ちゃんと助けられた?」
「うん、助けられたよ」
美春はにっこり笑って、僕の頭を撫でた。
「パパえらいね」
「ありがとう、美春」


さよなら、柚葉……。


さよなら

僕の、心の居場所。





この物語はフィクションです。
登場する人物、団体、組織等、すべて架空の物です。
投稿単語に制限がある為、単語に半角スペースが入っている事があります。




あとがき

Nocky節は恋愛物です ←最初に言え。

気がついたら、書き始めてから3ヶ月も経っていました。
改めて読み返してみると、描写は端折り過ぎてますし、人物の掘り下げとかろくに出来て無いですね。
特に柚葉をちゃんと描けていないのが心残りです。

柚葉が元カレをぶん殴ったのは想定外でした。
でも、なんだか痛快だったのでそのままにしています。
本当は優しくて、良い子よ? ←説得力無し

言いたい事(テーマ)はありましたが、それを表現するにはあまりにも未熟でした()
そういう訳で、そこには全く触れていません。
物語自体は、ちょっと展開を急ぎすぎた感はあります。
小出しにして行くと、あとから大幅な進路変更が出来ないのが辛いですね。
18歳は児童福祉法の対象にならない事を知ったのは、既に公開を始めた後で、慌てて大幅に書き直したりしましたw

文字数をカウントしたら3200文字強しか無くて、短編にしても短い方です。
特に趣味で物語を作っていた訳でもなく、小説にまとめたのは高校以来w なのでこんなんで勘弁してください。

「自分の作品を卑下するのは、作品を気に入ってくれた人に対して失礼である」という事らしいのでこれ以上は言いませんが、反省点は多いです。
むしろ反省点しかない()



次のNocky節はまた2年後ですかね……。

「(手塚さんの)本当の戦いはこれからだっ!」

Nocky先生の次回作にご期待ください()






【小説】ココロの居場所 はじめに
【小説】ココロの居場所 0
【小説】ココロの居場所 1
【小説】ココロの居場所 2
【小説】ココロの居場所 3
【小説】ココロの居場所 4
【小説】ココロの居場所 5
【小説】ココロの居場所 6
【小説】ココロの居場所 7
【小説】ココロの居場所 8
【小説】ココロの居場所 9
【小説】ココロの居場所 10
【小説】ココロの居場所 11
【小説】ココロの居場所 12
【小説】ココロの居場所 13
【小説】ココロの居場所 14
【小説】ココロの居場所 15
【小説】ココロの居場所 16
【小説】ココロの居場所 17
【小説】ココロの居場所 18
【小説】ココロの居場所 19
【小説】ココロの居場所 20
関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お疲れ様でした。
嫁乱入で一波乱あるかと思っていましたがそれもなく、派手さはないですがハッピーエンドといえるのではないでしょうか。
中二が喜ぶような展開もなく、最後までエッチしなかったのはリアルさがあってとてもよかったです。
娘の「人助け…」は特によかったですな。
娘のこの台詞だけが唯一の救いと光であったとも思います。
柚葉さんはともかく、手塚さんはこの後は平坦な刺激のないストレスフルな生活がまた続くわけですが、娘が大きくなる頃には嫁と決着つけるんでしょうね~
その際にはオリディ興信所にご一報を。
短い間でしたがこの度はありがとうございました。

Re: 連載お疲れさまでした

匿名希望?の方

こちらでは初めましてw
以前はブログもツイッターもやってなかったので、読後の感想を聞けたのは公開したずっと後でした。
良きにつけ悪しきにつけ、感想を聞けるのは嬉しいものです。

余白については、流石、わかってらっしゃる。

Re: No title

きにちみさん

コメントし辛い内容でしたが、度々コメントを頂いてありがとうございました。
書き始めた頃はもっと続く予定だったのですが、預かるのは1ヶ月と期限を切ってしまったし、丁度良い頃合いだと思って締めました。

プレホスタジオがここまで使えないとは予想してなかった、というのもあるんですがw
やはり、きにちみさんみたいに自前で色々用意する必要が有りそうですね。

No title

こんにちは、お疲れさまでした。

恋愛物、いいですね。
今の御時世、恋愛物、純愛物こそが、ファンタジーだと思っていますw

お疲れ様でした、次回は2年後?

Re: No title

AQUARIAさん

有難うございます。
次回は気が向いたら、ですw

読了しました!

「Nocky節は恋愛物」←知りませんでしたww

『プレイホーム』を使って挿絵を作るっていうのも面白くていいですね~。
お話も面白かったです。切ない話良いですね~途中まで「ひょっとしてヒロインの子自殺するんじゃ…」とハラハラしながら見てました。ハッピーエンドになってくれて本当に良かったです。

他にも見てていろいろ考えてしまいました。特にあんな嫁さんと主人公はなぜ結構したのか?なんで嫁はあんな風になってしまったのか?とか、ひょっとして昔は良い女だったけど、死んでしまった彼女のことを引きずっていた主人公が嫁さんをないがしろにしたせいでああなったんじゃないか?とか、
なぜ主人公は死んだ元カノについて自分に非がないとわかっているのにあそこまで罪悪感に苦しんでいるのか?ひょっとして死んだ彼女を傷つけるようなことをしていたんじゃないか?とか

思った以上に熱中して見ながらいろいろ考察してしまいました。続編があったらその辺も知りたいです。

21話の長丁場を本当にお疲れさまでした。




Re: 読了しました!

マイさん

色々考察して頂いて有難うございます。
ちょっと説明不足が酷くて、分かりにくい部分が多々あります。
すいません。

感想が聞けて有難いです。
ありがとうございます。

Twitterでも引き続きよろしくw
プロフィール

Nocky

Author:Nocky
ILLUSIONのゲーム"プレイクラブ"、"ハニーセレクト"、"プレイホーム"のSSと、キャラに着せる洋服をメインに扱っています。
登場するモデルは全て成人です。

Counter
PV(2016.11.24-)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
DAZ Studio
プレイホーム2
プレイホーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる