FC2ブログ

PlayHomeスタジオアイテム作成講座(応用編 2)

10. 色変え可能にする(カラー1のみ)

色変え豆知識
 色変えに最適なテクスチャの色は、白です。
 プレホスタジオは色変えがHSVしかできませんので(RGBを選択してもスライダが変わらないバグ)黒いテクスチャは色変えが出来ません。
 また、テクスチャ自体に色が付いていると、スライダの色と実際に表示される色が変わってしまいますし、色変えで白に出来なくなります。
 テクスチャに色が付いている場合は、グレースケールに変換するなどして脱色する必要があります。

カラー1の色変えは、リストを弄るだけでできます。

"mod_deskclock.txt"をテキストエディターで開きます。
カラー1色変えフラグをtrueに変更。
カラー1オブジェクト名を"body"に変更。
10-1.jpg
修正したファイルをゲームフォルダに上書きコピーします。

時計の本体部分が色変え可能になります(早っ!

11. 色変え可能にする(カラー2も使う)

※カラー2を使う為に、時計のメッシュをメタセコで分解しました。
教材1.2を使用していますので、旧版をダウンロードされた方はお手数では再ダウンロードをお願いします()

また、既に一度やった手順は割愛しますので、分からなくなったら基礎編に戻ってやり方を確認してください。

カラー2を使う場合は特定のシェーダーを使う事になります。
ハニセレの服の記事2ヶ所色変え衣装に書いてあるので、気になった方は参照くださいませ。

しかし、これを説明するとなると、UVマップから説明しなければならいのでちょっと面倒です(私がw。
フレームを分けてしまう手順で説明します。

11-1. フレームの追加
カラー2の為に、フレームを追加します。

"mod_deskclock"をSB3Uで開き、ファイラーのAnimator欄にある"clock"を開きます。
エディターの左ペインで"O_clock"を選択し、フレームを追加します。
"Transform Name"は"plate"にします。
この"plate"オブジェクトがカラー2で色が変わるようにします。

11-1-1.jpg


教材のclock_02.mqoをSB3Uで開きます。
色変え用にメッシュを分解してありますので、再度入れなおします。

ファイラーの"clock_02.mqo"から、"body","plate","hand"のメッシュをそれどれ同名のフレームに投入します(ドラッグ&ドロップ)
"Normals..."を押し、"body","hand"の"Submeshes"欄でマテリアル"m_clock"を選択します。
※"body"には2つサブメッシュがありますが、両方とも"m_clock"を選択します。
body内のサブメッシュは、上が時計の本体部分、下が土台です。
色変えが適用されるのは一番上のサブメッシュだけなので、時計の本体部分のみ色が変わります。

11-1-2.jpg


11-2. シェーダーをコピーする
「特定のシェーダーを使う」と書きましたが、時計のファイルには入っていませんのでコピーします。

教材付属の"Shaders.unity3d"を開きます。
こちらはプレイホームに使われているシェーダーを抜き出してまとめたものです。
いらん物まで入ってますが、"Shader Forge/PBRsp_3mask"を探してください。
※アルファベット順に並んでいます。

"Shader Forge/PBRsp_3mask"を選択して、ファイラーのメニューから"Assets"→"MarkforCopying"を選択します。

11-2-1.jpg


"mod_deskclock"のタブを開きます。

ファイラーのメニューから"Assets"→"Paste All Marked"を選択します。
11-2-2.jpg


一度保存し、ファイラーのメニューから"Reopen .unity3d"を選択して開き直します。

"Shaders.unity3d"は閉じます。


11-3. カラー2のマテリアルを用意する。
今使っているマテリアルをコピーして、カラー2用のマテリアルを作ります。

ファイラーから"clock"を開き、エディターの左ペインで"Material"のタブを開きます。
"m_clock"を選択すると、右ペインも"Material"のタブが開きます。
右ペインの下の方にある"Copy->New"をクリックします。
マテリアルがコピーされて、"m_clock_Copy"というマテリアルが増えます。
11-3-1.jpg

左ペインで"m_clock_Copy"を選択して、右ペインの"Name"でマテリアルの名前を変えます。
(変えなくても良いけど)
ここでは、m_plateとします。
11-3-2.jpg


教材1.2に入っている"Green.dds"をSB3Uで開きます。
右ペインの"Texture"タブを開き、ファイラーで"Green.dds"を選択した後、右ペインの"Add Image"を押します。
11-3-3.jpg

左ペインで"Material"タブを選択し、先ほど名前を変更した"m_plate"を選択します。
右ペインが"Material"タブに変わっていますので、"Shader Used"をクリックして、"Shader Forege/PBRsp 3mask"を選択します。
その下のテクスチャ設定画面でColormaskの右の欄をクリックして、先ほど追加した"Green"を選択します。
11-3-4

11-4. カラー2で色変えしたいメッシュのマテリアルを設定する。

左ペインで"Object Tree"を選択します。
"Plate"フレームの下にある"MeshRenderer"を選択します。
"Submeshed"欄でマテリアル"m_plate"を選択します。

11-4-1.jpg

ファイル本体はこれで完成です。セーブして、ゲームフォルダに上書きコピーします。


11-5. リストを編集する
"mod_deskclock.txt"をテキストエディターで開きます。
カラー2色変えフラグをtrueに変更します。
カラー2オブジェクト名は"plate"に変更します。
11-5-1.jpg

上書き保存して、ゲームフォルダに上書きコピーします。

以上で完成です。


スタジオで表示してみます。
11-5-2.jpg
この画像はcubemap[N]Flatを使っています。


11-5-3.jpg

cubemapを使わないと、デフォで入っているらしいスカイボックスか何かが映りこみますが、cubemapを一度でも使うと出ませんw
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

着々と進んでおりますな。
ディスコとかではだんだん家具とかも増えてきましたね。
でも雨宮さんのmodのお陰でハニセレmodの8割は使えるとか昔聞いた覚えがあるんですがどうなんでしょう?

No title

さっすが大将! ホンマもんのバイブルになってきましたの ^^
コっそりひっそりと...教材も有難~く、もろてきま w
詳しい解説ホンマ有難い限り!

もう今や何でもゴザレの総合商社やおまへんか(^O^)
コレ纏めてコアっさんみたいにPDFにしたら売れまっせ www
そんくらい素晴らしいちゅうことです...^^;

大変やったやろ・・・ほんまオオキニ!!!

Re: No title

きにちみさん

HoneyPotはアイテム系は透過シェーダーを使ってる物は壊滅です
読めますが使い物になりません
パラメータが反映されてないので、質感も再現されませんし、cutoffが効いてないので木の葉っぱなんか酷いです
8割使えるというのは、8割読めるというだけです

服は使えますが、女服だけです

Re: No title

RLAさん

ありがとうございます。
でも、コアッさんのはもっと丁寧に書いてありますよw
私は「取り敢えず良く分からないけどできた」というレベルを目指してるので。

ちょっと本腰入れて調べないといけない事が出て来たので、この後はしばらくお休みの予定ですw
プロフィール

Nocky

Author:Nocky
ILLUSIONのゲーム"プレイクラブ"、"ハニーセレクト"、"プレイホーム"のSSと、キャラに着せる洋服をメインに扱っています。
登場するモデルは全て成人です。

Counter
PV(2016.11.24-)
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
DAZ Studio
プレイホーム2
プレイホーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる